始まり 1月1日

人間が地球上に生まれてから始まり、そのころから群れを成して暮らしてきました。仲間と助け合わなければ生き抜けませんでした。
集団からはじき出されること、始まりそれは言い換えれば命を落とすことと等しいことでした。
生きた個体として孤独になることを避けるような認識を種を存続させるために元々刻み付けられていたのか他にはグループを作るうちにそれが種のメモリーとして遺伝子レベルでの常識になったのかは分かりません。
それにも関わらず始まり、孤立は死を意味し、1月1日孤独を乗り切ろうとすることは生死に関わる性格であることは明白だったのでしょう。
村八分という懲らしめが日本の村社会にもありましたが始まり、単なるいじめではなく懲罰に相当しました。それなのに命を取るようなことはしませんでした。

ついに始まり 1月1日の時代が終わる

殺人に近い処罰ではあっても始まり、そのまま死を意味するわけではない始まり、といった度合いの処理だったのでしょう。
現代社会では孤独でも生きてはいけます。しかしながら1月1日、拒否されることへの心配だけは誰しも感じています。
破局は他人に受け入れてもらえないことなので1月1日、それが理由で「死にたい」と打ち明けるほど落ち込んでしまい1月1日、元通りになるまでに一定期間を必要とします。これは一時的な反応でコントロール可能な類ではないのです。
失恋によって心がズタズタになり、始まりあとを引いてしまうのは、始まりどうにもできないことなのです。
失恋の悲しみに相対するのか、始まり自分を守ってしまう心理も合わせて検討しましょう。適当な振る舞いと不適切な振る舞いがあります。